いつでもどこでも手軽にギャンブルが楽しめるオンラインカジノ。世界中に3000万人のプレイヤーがいる産業です。2020年現在、日本にオンラインカジノはありませんが、今後ヨーロッパの国々のように政府の規制の元、運営が認可される日が来るかもしれませんね。

日本では、オンラインカジノというと「知る人ぞ知る、隠れたギャンブル」といったイメージが強いですよね。ただ日本にはギャンブルがないかというとそうではなく、パチンコ・パチスロや競馬などは人気の娯楽です。

オンラインカジノは世界中でプレイされているエンターテイメントで、その関連会社は2000社以上に昇ると言われています。世界中でオンラインカジノを楽しんでいるプレイヤーは3000万人を超えると言われています。

近年になってスマホで手軽に遊べるサービスが一般的になったこともあり、その手軽なオンカジの魅力に気付き始める人が増えています。オンラインカジノの運営会社は全て海外にありますが、日本語化や日本人によるサポート対応が整備されはじめたことで、日本人の間でも娯楽のひとつとして認知されるようになってきています。

さらに、日本人による高額当選のニュースが各メディアで取り上げられる事も増えていて、そうした影響からプレイ人口が増加していると予測されています。

オンラインカジノ、世界の状況

オンラインカジノは、日本ではそれほど国民に周知されていませんが、海外では庶民的な遊びとして親しまれています。例えば、有名なスポーツチームのスポンサーになっていたり…。日本とは違って、至る所でオンラインカジノを知る機会があります。そして何より決定的な違いは、関連企業が上場企業であるなど、会社単位で公に認められている点です。企業が上場しているというだけで、安心感が違いますよね。こうした事実は、オンラインカジノがいかに世界で信頼されている産業であるかを物語っています。

一方日本では、海外のオンラインカジノでプレイする事の合法性・違法性がはっきりしておらず、法的にグレーゾーンの域を出ていません。

ランドカジノが合法化されて実現されようとしている中、カジノゲームは日本人にとって、今後もっと身近なものとなっていくでしょう。それがオンラインで手軽にプレイできる環境があれば、オンラインカジノの人気も高まっていくと考えられます。そうなった時に、海外のサイトだから合法かも違法かもわからない状態で放っておくのは得策とは言えませんよね。

ちなみに、インカジと呼ばれるアンダーグランドの店舗カジノは完全に違法です。

IR法による影響は?

「カジノ法案」でお馴染みのIR法は、外国人観光客に向けたリゾート地を設けるための特別な法案です。日本では、賭博罪によってこれまで運営が禁止されてきたランドカジノが設立されるということで、関心を寄せている方も多いのではないでしょうか。この法の整備が進めば、近い将来に私たちもマカオやラスベガスと同じようにカジノが楽しめるようになります。

しかし、カジノ法案に注目が集まることで、必然的に国民全体が「カジノ」に関心を寄せることになります。日本でカジノがオープンすれば、自分も行ってみたい!と思う人もたくさん出てくるでしょう。IR法によってオンラインカジノに直接的な影響が出ることはありませんが、国民が注目を寄せるきっかけにはなるのではないでしょうか。

今後の動向に注目

オンラインカジノは、多くの先進国で産業のひとつとして認められているワールドワイドな娯楽です。これから、日本でもカジノ法案によってオンラインカジノが注目を浴びる可能性は高いため、ますますプレイヤー人口は増えて行くと予測されます。そうしたオンラインカジノプレイヤーに向けて、日本が国としてどのような対応を取るのか、今後の動向に注目です。

閉じる
閉じる