インカジとオンカジ

『インターネットを通じてオンラインで遊ぶカジノだから、「インカジ」も「オンカジ」も同じでしょ?』

ちょっとまってください!

池袋や新宿の繁華街で「インカジ」に誘われた事がある人もいるのではないでしょうか?

確かに、「インカジ=インターネットカジノ」「オンカジ=オンラインカジノ」の略なのですから、同じ意味に思えます。しかしこの二つの言葉、たった一文字違うだけで全く違った業態のカジノを指しています。

このページでは、インカジとは何か、絶対に間違えてはいけないオンカジとインカジの違いを説明します。

オンカジは外国の企業が運営

当サイト「オンカジ族」の名前にもある『オンカジ』は、お金を賭けて遊ぶ事ができるカジノゲームを提供しているオンラインカジノサイトです。オンカジは日本国内では運営禁止ですので、全て外国の企業が運営しているものです。

インターネットでカジノゲームを提供しているので『インカジ』と言っても意味的には間違いではないのですが、両者を区別してこのようなカジノサイトを『オンカジ』と呼ぶのが通称となっています。

オンカジ運営にはライセンスが必要

オンカジ運営会社は、オンラインギャンブルが合法な国で、政府の認可を受けて運営しています。マルタ、ジブラルタル、オランダ領キュラソー、イギリス等がオンカジ運営ライセンスを発行しています。

このライセンスを取得するには、ゲームのシステムが公正である事はもちろん、資金が十分にある事、犯罪やギャンブル依存症を防ぐ対策がされている事など様々な基準をクリアしなければなりません。また高い税金も納めなくてはいけません。

ギャンブル胴元として運営国の認可がされているかどうかが、インカジとの大きな違いです。

上場企業も多数

オンカジを運営している企業には株式市場に上場している企業もあります。イギリスでは有名なサッカーチームのスポンサーになっているオンカジ企業もあり、ユニフォームにオンカジのブランドロゴが掲載されているのを見たことがある人も多いでしょう。

日本でオンラインカジノを利用する事についてはグレーな部分がありますが、運営側としては、政府ライセンスを有しているオンカジは完全に合法的に営業していて、その厳しい規制から、イカサマなどの心配もまずありません。

インカジは日本の繁華街にある闇カジノ

ではインカジ』は何かというと、違法で営業している闇カジノ店舗で行われているオンラインのカジノの事。

インカジ 逮捕

東京で言えば新宿や池袋などの繁華街の雑居ビルやマンションの一室などでひっそりと営業しているのが闇カジノ。時々摘発がニュースになっていますが、日本国内で賭博をさせる店を営業しているため賭博法違反です。

闇カジノにはディーラーがいてテーブルゲームをやっていたり、闇スロットといって違法なスロットを置いていたり、コンピュータを置いてインカジをやっていたりします。

このような違法なインカジで遊んでいるところを摘発されると、インカジ営業元だけでなく、お客も捕まります。そもそも違法営業で反社勢力が運営している事が多いため、もしインカジにイカサマをされたり、大きく勝ったのに勝利金を受け取れなかったというような事があっても、泣き寝入りするしかなさそうですよね。

インカジ=闇カジノ

よくテレビのニュースで闇カジノが摘発されたり、芸能人やスポーツ選手が闇カジノで遊んで問題になっていますが、インカジも闇カジノ、裏カジノと呼ばれる業態のひとつです。

闇カジノの店舗でオンカジをプレイする事は完全に違法となりますので気を付けましょう。

メニュー
閉じる